FC2ブログ

BLのデザイン

BL漫画の装丁やデザインについて勉強中。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/09/13

ルーヴル美術館特別展『LOUVRE No.9』

現在、森アーツセンターギャラリーで開催されている
ルーヴル美術館特別展『LOUVRE No.9』に行ってきました!
ルーヴル6
この展示は、「ルーヴル美術館BDプロジェクト」で生まれた作品が展示されています。
ルーヴル美術館に展示されている作品や、美術館そのものを題材として
BD(やマンガ)の作品を制作するという試みです。
詳しくは、『LOUVRE No.9』のホームページをご覧くださいませ。
東京での会期は9月25日までです!

BD(ベデ)はバンド・デシネの略称で、フランス語圏で生まれたマンガのことです。
展示会のタイトルにもなっているように、フランスではBD(やマンガ)は「9番目の芸術」と呼ばれ、作品の芸術性が評価されています。
BDについては『美術手帖8月号増刊』の、バンド・デシネ特集で詳しく解説されています。

『LOUVRE No.9』とのタイアップ記事も多いので、展示会のガイドブックとしてもオススメです!



まずプロジェクトに参加されている作家さんが豪華です。
日本からは荒木飛呂彦さん、谷口ジローさん、松本大洋さんが参加されています。
また、日本でのこの展示のために五十嵐大介さん、坂本眞一さん、寺田克也さん、ヤマザキマリさんの4名が新作を描いています。

一番の見所は、ダイナミックな空間演出だと思います。
原画や下絵が中心の展示で、作品自体は小さいのですが、
立体像や空間装飾によって作品世界に入り込める仕様となっています。
ルーヴル1
ルーヴル5
(会場に展示されている「サモトラケのニケ」のインスタレーション)
ルーヴルに訪れたことのある方は、懐かしく感じると思いますし、
初めての方は、ルーヴルに足を踏み入れた気持ちになるのではないでしょうか。
それくらい美術館の空気を感じますし、入り込めます。

また、フランスのバンド・デシネと日本のマンガがバランス良く配置されており、それぞれを比較しながら見ることができます。
意識していなかった双方の魅力に気付かされます。
バンド・デシネとマンガを比較するQ&Aのコーナーもあり、わかりやすくバンド・デシネを知ることができました。
メイキング動画や下絵もあり、マンガファンにはたまらない展示となっています。

そして地味にオススメポイントが…、
音声ガイドが、声優の神谷浩史さん!
事前に知らなかったので、会場で私のミーハー心が全開に…
ルーヴル4
普段、音声ガイドをあまり利用しないのですが、気になって借りてしまいました。
いやもう「さすがっ!」としか言いようのない音声ガイドでした…
解説がわかりやすいのはもちろんのこと、
臨場感のある物語の朗読に、より引き込まれました!
600円でレンタルできるので、こちらも合わせてオススメします。

とっても楽しく、刺激を受ける展示でした。
ルーヴル2
東京での会期が終了した後は全国を巡回するみたいです。
お近くで開催がありましたら、ぜひぜひ足をお運びください。

ちょっと失敗したな〜って思ったのが、
展示を見に行く前に、邦訳されている作品は読んでいけばよかったなと。
その方がより感動が大きかったかも…。
なんたって原画を間近で見ることができますからね。
会期がまだまだ先の方は、作品を読んでから展示に行くのも楽しみ方の一つかもれません。


(Amazonの商品ページに飛びます)
私は会場や書店で買った作品を後追いで読んでいます。



今年の2月にフランスに行き、バンド・デシネに興味を持っていました。
とはいえ、全然BDの作品や作家さんを知らなかったので、この展示はとっても良い機会になりました。
ルーヴル美術館にも丸一日いたので、まだまだ続くこのプロジェクト自体にもすごく惹かれています。
ルーヴル3
(ルーヴル・ピラミッド、2016年2月撮影)

パリ市内で書店巡りをした過去記事はこちら↓です。
フランスの書店1…パリ市内の大型書店に行ってみた。
フランスの書店2…パリのオタク界隈であるケレ通りを紹介しています。

日本のBLマンガがフランスで翻訳出版される際、どんなデザインに変換されているのか。
レーベルのロゴに注目して紹介している記事がこちら↓
【フランスのBL】ロゴ編
こちらは、興味のある方はよろしければ(笑



読んでくださってありがとうございました。
何かしらの参考になれば幸いです。
もう一度言います。
東京での会期は9月25日までです!
スポンサーサイト

2016/04/13

【フランスのBL】ロゴ編

日本のBL漫画が、フランスで翻訳出版される際、どんなデザインが採用されているのか。
今回はレーベルのロゴに注目して、紹介したいと思います。
(フランスで生まれたBL作品というわけではないので、タイトルの【フランスのBL】というのは少し語弊があるかもしれません。しばらくは、フランスで翻訳出版されている漫画のデザインを紹介したいので、このブログ内では使っていきます。)

パリ市内の書店の紹介などを、前回までの記事でしております。
フランスの書店1
フランスの書店2

これまでBLレーベルのロゴデザインについて、まとめて書いた記事がなかったので、比較するためにも、ざっくりと日本のBLレーベルのロゴがどんな感じなのか言及します。

日本のBLレーベルのロゴは、『ボーイズラブ』という固有のジャンルであることを、(特定の記号や図像を使い)説明しないものが多いです。
あくまで、レーベルとしての個性を表現するものとして、ロゴが機能しています。
レーベルの名前の頭文字を使ったデザインが多いです。
最も多い読者層である女性が、手に取りやすいような、シンプルでスタイリッシュなデザインが増えています。
その中でそれぞれ、よりポップなもの、よりエレガントなものなどの個性があります。
昔は(少なくとも00年代には)、配色が固定でピンクが必ず使われているようなデザインの印象が強かったんですけど、だんだんとスタイリッシュなものになっている傾向があります。

ということをふまえて、フランスのBLレーベルのロゴを紹介しま〜す。



まずはTaifu Comics(タイフウ・コミックス)の、BLレーベルのロゴ。
taifu1.jpg
雄記号♂をモチーフにして、「yaoi」の文字を組み合わせています。
配色はこの写真のピンクと黒で固定です。(ピンクっていうか、マゼンタ100%?)
taifu3.jpg
背は雄記号の方向が違うバージョンです。

雄記号♂を使用したロゴといえば、日本のBLファンは『BE×BOY COMICS』のロゴを思い出すのではないでしょうか。
BEBOYrogo.jpg
(『BE×BOY COMICS』のロゴ)
二つの雄記号の重なりで、的確かつ簡潔に、BLというジャンルを表現しているロゴです。
デザインのマイナーチェンジはありつつも、長く愛されているロゴです。
個人的にこの『BE×BOY COMICS』のロゴマークは好きなので、ぜひ今後も変わらないでいてくれたらいいなーって思っています。

雄記号♂は、わかりやすく性別を表示できるので、BLというジャンルの表現に適していると思います。
ですが、日本のBLレーベルでは多用されていません。
BLの認知度が高いから、ジャンルの説明をしなくていいからという理由もありますが、
やっぱり『BE×BOY COMICS』のイメージが強いので、というのも理由の一つとしてあると思います。
あと雄記号には、性的なイメージもあるようで、
(日本では)エンタメ性の高い作品や、性的な場面の多い作品で使われる傾向があります。



あれ、別の出版社のロゴかな?と思いましたが、
同じくタイフウ・コミックスのBLレーベルのロゴです。
taifu4.jpg
おしゃれになってる!
雄記号のドロップシャドウなどが取り去られ、単色で表現できるようになっています。
こちらの方が日本のBLレーベルのトレンドに近いデザインです。

最初に紹介したほうが旧デザインで、こちらが新デザインなのかなーって思ったけど、
そういうわけでもないらしいです。どっちも現役で使用されているみたい。
(こっちだけでいいのでは…)
作品に合う方を使っているのかな?
どういう理由で、二種作ることになったのかわかりませんが、
日本のBLのデザインがオシャレになったから、それに合わせて急遽作った、とかなら面白いなーと思います。



で、さらに、タイフウ・コミックスには「yaoi BLUE」っていうレーベルがあります。
taifu-yaoiblue1.jpg
taifu-yaoiblue2.jpg
基本的には、「yaoi」のシンプルな方のロゴに近いデザインです。
雄記号の方向違いは各種ありますが、「BLUE」と付いているくらいなので配色は固定です。

2011年の9月に新たにできたレーベルらしく、
ウェブサイトの説明には「100%少年愛の世界」って書いてありました。
(私の訳が合っていれば…)
なので、最初に紹介した二つのロゴと比較し、明確なコンセプトの違いがあるのだと思いますが、そこで言う「shonen-ai(少年愛)」の定義がわからず、どういう趣旨のレーベルかいまいちわからんのです。
未成年が主人公の作品をあつめたのか、ピュアな作品をあつめたのか…。
日本で少年愛といえば、竹宮惠子先生の『風と木の詩』や、
萩尾望都先生の『トーマの心臓』などをイメージすると思うんですけど、該当作品を見てもそういうわけでもないっていう。(ショタ漫画でもない。)


結果的に、タイフウ・コミックスのBLレーベルのロゴ三種が、どのような使い分けがされているのか、Webサイトを見ても該当作品を見てもよくわからなかったです。
見た目だけでいえば、「yaoi」の方の二種は「エンタメ性が高く王道」、
「yaoi BLUE」は「さわやかで文学性が高い」みたいな印象を受けます。



ちなみに、タイフウ・コミックス自体のロゴマークはこれです。
taifu2.jpg

また、タイフウ・コミックスは百合漫画の翻訳出版も行っています。
taifu-yuri1.jpg
「YURI」という文字に、桜のイラスト(百合でなく…!?)。
(なんか桜といい、赤い丸といい、「日本」を表現使用としてるのかなっていう印象を受けました。日本由来のジャンルであるっていうところからの連想ゲームなのかな…?)
『桜Trick』といい、百合のイメージのトレンドは桜なのでしょうか…(たぶん違う)

なお、タイフウ・コミックスには「Henntai」っていうジャンルもありました。



続きまして、Kazé(カゼ出版)の、
Asuka collection(アスカ・コレクション)のBLのロゴです。
asuka1.jpg
筆記体の「BL」という文字と、タキシード姿の男性二人のシルエットで構成されたロゴですね。

すごい率直なロゴですね。
わかりやすいし、性的な匂いがあんまりしない点はなんかいいです。
やっぱりこちらも「ボーイズラブ」というジャンルを説明してます。
レーベルとしてのロゴというよりは、ジャンル表記のためのロゴなんですかね。
「BL」っていう文字を乗せた上で、さらにBLを説明する図像を合わせるっていうのは、日本のロゴではあまり見られない特徴です。

アスカ・コレクションは、女性漫画の翻訳をフランスでいち早く始めたそうです。
ということでレディース漫画のロゴもあります。
asuka4.jpg
シルエットと文字で構成するっていう方針なんですかね。



Tonkam(トンカマ出版)のBLのロゴ。
tonkam2.jpg
「YAHOI COLLECTION」って文字と、虹のイラストで構成されたロゴです。
ぱっと見でBLを象徴するような記号はありませんが、
この虹のイラストは、LGBTのプライドカラーからのイメージなのでしょうか?
ただの装飾という可能性も無きにしも非ずですが、私はそうかなって思いました。
このロゴは現在は使われていないみたいです。

現在はこちらの、トンカマ出版のロゴに、「BOY’S LOVE」っていう文字を重ねたロゴが、主に使われているようです。
tonkam1.jpg
少女漫画や少年漫画のロゴも同じ展開の仕方です。




フランスのBLレーベルのロゴの紹介は以上です。
「YAOI (やおい)」と、「BOY’S LOVE(またはBL)」の使用頻度は半々くらいです。
日本ではオリジナル商業作品を指して言う場合、「BL」が使われることが多いですが、
海外では「やおい」も「BL」も区別なく使われているようです。
デザインの傾向としては、文字や図像(あるいは両方)で「BL」というジャンルを説明するものが多いです。
レーベルの個性を表現するより、ジャンルを説明することが一にも二にも重要なようです。
BLだけでなく、他の少女漫画や少年漫画でも、
書籍の背の部分には「SHOJO」や「SHONEN」などの文字が入ることが多いです。

また、(BL以外の)レーベルのロゴの中には、
しばしば「日本」的なイメージが使用されている例もありました。
先ほど紹介したタイフウ・コミックスの百合漫画レーベルのロゴもそうですが、
panini comics(パニーニ コミックス)の、GÉNÉRATION COMICS(ジェネレーション コミックス)のロゴや、
panini1.jpg
(パニーニコミックスはイタリアの出版社ですがフランスでも翻訳出版を行ってます。)

Soleil Manga(ソレイユ漫画)のロゴなど、
Logo_Soleil_Manga.png
(WikipediaのSoleil MangaページのLogo de la collection Soleil Mangaを引用。)
露骨に日本っぽいですね。
翻訳出版をしている漫画レーベルのロゴは、日本発の文化であるイメージをヴィジュアルで伝えているものがいくつかありました。



フランスはやっぱり漫画先進国なんだなーと実感しました。
一社独占とかではないので、レーベルなどを比較して見ることができるが面白いです。
今後、海外でさらに漫画やBLというジャンルの認知度が上がることで、
ロゴに変化が見られるのかなど注目したいところです。

ここまで読んでくださってありがとうございました。
次回以降は、翻訳漫画の装丁を見ていきたいと思っています。

2016/03/30

フランスの書店2

2月にフランスに行ってました。
前回の記事(フランスの書店1)に引き続き、パリ市内の書店を紹介します。
今回はフランス、パリのオタク界隈である『ケレ通り』から紹介します。



【Rue Kaller(ケレ通り)】
ケレ通りは、バスティーユ広場の近くにある、翻訳漫画やバンドデシネ、アメコミなどの
オタク関連の専門店が多くある界隈です。

バスティーユ駅(地下鉄の)から徒歩で行きました。近かったです。
バスティーユ広場
7月革命の記念柱(天気悪いなー)
フランス革命あたりの歴史が好きだったら、萌えスポットだったのかもしれない…。
オペラ・バスティーユ
近くには、新しい方のオペラ座(オペラ・バスティーユ)がありました。



そんな名所をほとんど素通りし、さっそくケレ通りに向かいます。

・MANGA TOYS
MANGATOYS3.jpg
MANGATOYS1.jpg
MANGATOYS4.jpg
翻訳版の漫画と、フィギュアを取り扱うお店でした。

MANGATOYS2.jpg
入り口に『ワンパンマン』のポスターが!!
フランスでも『ワンパンマン』は大人気のようで、旅行中よく見かけました。

MANGA TOYSさんでもポスターとか店頭POPに力入ってました。



・Pop Culture Shop
PopCultureShop1.jpg
PopCultureShop2.jpg
フィギュアやアメコミ関連のグッズを多く取り扱っているお店でした。



・MANGA DORI
MANGADORI1.jpg
MANGADORI2.jpg
コスプレ関係の専門店でした。
店頭に「『D.Gray-man』の服あります」って書いてあった。
そういえば、2016年7月から新シリーズがアニメ化するそうですね。
フランスでDグレの人気が出たのは、なんかわかる。
ロゴがフラクトゥールだし。ゴスロリ好きとの相性が良さそうな作品。


・MANGA NEKO
MANGANEKO.jpg
コスプレ関連のグッズと、アニメ関係のグッズを取り扱うお店でした。

この、店名の最初に「MANGA」って入っているお店等は、
たぶん系列店なんだと思います。



その他、ゴスロリっぽいファッションを取り扱う服屋さんなどなど。
ゴス1
ゴス2
ゴス3



・M.C.B.D SHOP
MCBDSHOP.jpg
MCBDSHOP2.jpg
ケレ通りの一本手前の、Rue des Tailandiers(タイアンディエ通り)にある書店です。
翻訳漫画からバンドデシネ、アメコミまで、書籍を中心に総合的に取り扱っていました。

値段が聞き取れなくって、何回も聞き返してたら紙に書いてくれた。めるしー。
その後は英語で話しかけてくれたりして、全体的に親切だった。

こちらのお店にフランス語版『月刊BE×BOY』が売っていたので購入!!後日紹介します。
そういえば、日本にあふれているような漫画雑誌って本当に見かけなかったです。
漫画の翻訳出版が盛んとは言っても、あくまで単行本が主流のようです。



・BDNET Bastille
BDNETBastille1.jpg
BDNETBastille2.jpg
こちらもケレ通りから少し外れた、Rue de Charonne(シャロンヌ通り)にあるバンドデシネ専門店です。
日本の翻訳漫画や子供向けの絵本なども取り扱っていましたが、あくまでバンドデシネ専門店ですね。
BDNETBastille4.jpg
この旅の中で行った書店の中で、一番バンドデシネの品揃えが充実していました。
なので、このお店もとてもオススメです!!

BDNETBastille5.jpg
BDNETさんでも『ワンパンマン』推していた。

店員さんがものすごく親切で、「全部読んでいいからね!なんでも聞いてね!」って英語言ってくれたんだけど、私が聞きたいこと英語にできないっていうね。不甲斐ない。
店内にバンドデシネの複製原画?原画?が飾ってあって、見ているだけで楽しかったです。

BDNETBastille6.jpg
BDNETさんはチェーン店のようで、ショップバッグもちゃんとしてました。
このあたりで、本を買った後に毎回聞かれる言葉が「袋入りますか?」なんだと気づく。
(それまでわかんないからヘラヘラしてた。)



・La Manoeuvre
LaManoeuvre1.jpg
LaManoeuvre2.jpg
オタク関連の書店ではないのですが、
バスティーユからケレ通りに行く途中の、Rue de la Roquette(ロケット通り)にあるので立ち寄ってみました。
文芸書や、アート関連の書籍も多く取り扱っていた気がする。
LaManoeuvre3.jpg
手書きのPOPが添えられていたり、とても雰囲気の良い書店でした。
造本が、おもしろい書籍も多くて、いくつか購入したので、後日紹介したいと思います。



ケレ通りは「オタク界隈」とはいえ、日本の繁華街のようなギラギラ感はなく、
近くに小学校があったりして閑静な印象でした。
おじいちゃんと小さい男の子が手をつないで散歩したりして、
ショウウィンドウのフィギュアとか見ながら話してて、ほのぼのした雰囲気でした。
オタクスポットであることに焦点を当てがちですが、
この界隈はオシャレなセレクトショップや雑貨屋さんも結構ありました。
散策してみると楽しいかも。

お店の雰囲気は、秋葉原や池袋というよりは、
中野か大阪の日本橋のお店のイメージに近かったです。
(雑多で、よりディープな感じが…。)
あと、さすが観光地、英語話せる店員さん多かったです。
店員さんが、どんくさい日本人にも超親切でした!!めるしー!

お店に入る時に、店員さんに「ボンジュー(こんにちは)」って言って、
出る時「メッスィーオーボワー(ありがとう、さよなら)」って言うやり取りが楽しかったです。
お手軽に通じた気分になれるので、言うと楽しいです。
以上、ケレ通りの紹介でした。



【日系企業の書店】
日本でもよく目にする書店が、パリ市内にもありました。

・ジュンク堂
ジュンク堂1
そのまんまジュンク堂。日本語の書籍を取り扱う書店でした。
店員さんも日本人で、ぜんぜん異国感がしなかった。
日本人向けというか…日本語の書籍を買いたい人向けの書店でした。
『ちゃお』とか『りぼん』とか漫画雑誌も置いてました。
地下に漫画コーナーもありました。

・ブックオフ
(どしゃぶりで、超寒かったので写真撮るの忘れた。)
日本のブックオフのシステムを導入している新古書店でした。
値段のつけ方がシンプルでした。
取り扱っている書籍はフランスのもので、
日本の古書をフランスで売っているわけではなかったです。



その他、たまたま見つけた書店や古書店にも立ち寄りました。
書店(パリ)
街中の個人でやっているような書店や古書店は、
バンドデシネはあっても、日本の漫画の取り扱いはないお店も結構あります。
日本の漫画の翻訳版を買おうと思うなら、
BDショップや大手チェーンの書店を狙って探すのが効率的です。



さすが翻訳漫画の先進国フランスって感じでした。
2年前?か3年前?に行ったスペインよりも、確実に翻訳漫画の取り扱いが多かったです。

フランスでは、恋愛漫画やスポーツ漫画があまり売れないと聞いたことがあったので、
日本のラインナップとは随分違うのかなと予想を立てていましたが、
行ってみるとそんなことはなく、
日本で流行ってる『L♥DK』とか『虹色デイズ』『日々蝶々』などの恋愛モノも多くありました。


『あひるの空』とか『ハイキュー!!』『黒子のバスケ』などの、部活・スポーツモノもたくさんあったし。


人気の度合いなど詳しくはわかりませんが、売り場には並んでました。
前陳した『ワンパンマン』の他に、『僕だけがいない街』『いぬやしき』も人気みたいでした。


そしてやっぱりワンピースとナルトは、どこに行ってもだいたい売っていた…。
BLも沢山取り扱っていて、一見日本の書店のラインナップと遜色なく見えました。
でもよく見ると、出版社やレーベルごとにごっそり無かったり…
その辺りの、何が売れているのとかは、もう少し考えたいと思います。



長くなりましたが、フランスで行った書店の紹介は以上です。
お付き合いくださりありがとうございました。
次回以降は、フランスで購入したBL漫画のロゴや、
商品自体にも焦点を当てて、紹介したいと思っています。
よろしければ、引き続きよろしくお願いします。

2016/03/26

フランスの書店1

お久しぶりです。
2月に一週間くらいフランスに行ってました。
観光したのはパリ市内だけなんですけども。
引っ越しやら何やらでバタバタしていたので、こんな後になって更新してます。

旅の目的は観光ですが、書店に沢山行こうっていうのが一つの目標でした。
フランスは、日本発の漫画の先進国らしいので、どの程度普及しているのか、
どんな漫画が流行っているのか、など注目しながら見てきました。
また、フランス語圏で独自の発展を遂げた漫画である『バンドデシネ』の流行なども見つつ。

とりあえず今回の記事では、パリ市内の書店を紹介します。
買ったものの紹介は後日…



・Fnac(Paris St-Lazare)
fnac1.jpg
fnac3.jpg
fnac2.jpg
Fnac(フナック)はフランスの小売チェーンで、書籍から、CD、DVD、音響製品なども幅広く扱っています。
St-Lazare(サン・ラザール)店は、ショッピングモールの一郭に入っている店舗で、1階から4階まで全部フナックっていう店舗の作りでした。
一番上の階が書店コーナーで、結構品揃えが充実しているので、一番オススメの書店です。

冒頭で触れたフランス語圏の漫画である『バンドデシネ』のコーナーがあり、
その一郭に翻訳版の日本の漫画を取り扱う棚がありました。
日本の漫画を取り扱うコーナーは、『Comics』ではなく、『Manga』表記でした。
5畳くらいの空間に棚が並んでいて、棚の上に『shojyo』とか『syonen』とか書かれていました。
(写真なくてごめんなさい。)
フランスでもそういうジャンル表記なんだ!って感心しました。
BLって書いてある棚はありませんでしたが、BL漫画も多く取り扱っていましたよ。

バンドデシネコーナーの客層は、ティーンから年配のおじさままで幅広く、
少なくとも子供向けとか、若者しか立ち入れないような空間ではなかったです。
(そこは日本と同じか…)
けど、バンドデシネって結構値段が高いので、若い世代が買うのはちょっと大変かもしれない。
ピンキリですが、バンドデシネ15€(約1800円)、
日本の漫画の翻訳版8€(約1000円)くらいで売られていました。
製本の違いが大きいようで、バンドデシネと翻訳漫画は倍くらい値段が違うのです。
(その辺は次回からの記事で詳しく書きたいかな。)
バンドデシネは、フランスでは『9番目の芸術』と呼ばれているらしく、芸術的評価が高いです。
日本の漫画の大衆的なイメージとは差異がありますね。

翻訳漫画もバンドデシネも、アメコミも、保護ビニールがかけられてないものが多く、みんなガンガン読んでました。
なんなら床に座ってパン食べながら読んでる子供とかいた。自宅なのかな?って思った。
ダンディーなおじさまが真剣な眼差しでBLの棚を見ていた…。漫画ファンなのかな。



・Fnac(Gare de l’Est)
fnac4.jpg
同じくフナックの l’Est駅の中にある店舗です。
サン・ラザール店よりは規模が小さいですが、バンドデシネコーナーがあり、日本の漫画の翻訳版も取り扱っています。
BL漫画も取り扱っていました。
余談ですが、緒川千世先生の『カーストヘヴン1』が新刊で出たばっかりだったらしく、どこの書店の漫画コーナーにも並んでいました。人気っぽいです。スクールカーストとかは、やっぱり海外でも理解しやすいのかなとか、いや…日本より顕著なのかも、とか思ったり。

ここは駅の中の小さい本屋さんって感じです。



・GIBERT JEUNE
GIBERT JEUNE1
GIBERT JEUNE2
(微妙に琴線に触れるネーミングですが、ジルベールでもJUNEでもなかった残念。
…ジルベールのスペルとか知らんけどな!)
GIBERT JEUNE(ジベール ジュンヌ)は一度見たら忘れられない顔のイラストと黄色のイメージカラーが特徴の書店です。徹底的に黄色!と顔!だった…。
児童書から専門書まで幅広く取り扱う書店で、古書も取り扱っていました。
GIBERT JEUNE3
GIBERT JEUNE4
(この写真で何を買ったか、わかる人にはわかる。)
全部の古書にこのシールがついてます。すぐ剥がれるシールだけど。
キャラが濃いなジベールさん…。
地下がバンドデシネコーナーで、アメコミや漫画も取り扱っていました。
ここで昔懐かしいBLを見つけて(しかもフランス語版〜!)
テンション上がりっぱなしでした。
いくつか購入したので後日紹介します。



・BD et Compagnie
BD1.jpg
たまたま立ち寄った15区でみつけたB.D.(バンドデシネ)ショップです。
バンドデシネはB.D.(ベデ)って略されます。
フランスのオーソドックスなB.D.ショップって感じです。
BD2.jpg
ショウウィンドウはこんな感じ。
日本の漫画の取り扱いもありますが、バンドデシネが多かったです。
BD3.jpg
店頭にあったチラシ。
2016年1月27日に、ピカ出版から発売される、3つの漫画のチラシかな…たぶん。
お財布漫画ってそういうレーベルかしら?
財布っぽいデザインにされてて、マジな財布なのか、
そういうレーベルなのか言葉がわからない人にはわかんない。
BD4.jpg
ところで、お店のこの黒の組織っぽい人のマークはなんなんだろう?
フランスで漫画読みってそういうイメージ?秘密結社っぽいっていうか…。
『オタクは怪しい奴ら』ですか?



と、ここまで書いて、
長くなりそうなので、書店の紹介も二回に分けます。
次回はフランスのオタク界隈である『ケレ通り』の紹介から。
よろしければ、引き続きおつきあいください。

2015/02/18

スペインで見つけた装丁.1

以前スペインに行った時に購入した本を、いくつか紹介します。
(今回はBL関連の記事ではないです。またBLネタでも書きます!)
書籍、造本、装丁などにも興味がある方はよろしければお付き合いください。

スペイン旅行については、以前こちらに書きました。
建築とかについて主に書いています。

そんなに頻繁に海外に行く人ではないので、たくさんコレクションしているわけでも、
海外の書籍に詳しいわけでもないのですが、
その分新鮮な驚きや、日本の書籍との違いに気づくことは多かったです。
頻繁に海外に行く人にとってはあたりまえの情報ばかりだと思うので、
改めて書くのが恥ずかしいですが…。(未だによくわからない点も多いです。)



スペインに入ってからは色々、装丁の面白い書籍も購入してきたのですが、
まずはフランスの空港で購入したものについて書きます。
空港の売店で売っていたものなので、長時間の移動とか、乗り換えの時に読むんでしょうね。(日本でいう文庫本みたいな位置づけなのかな。)
以下紹介するものは空港の売店で購入しましたが、町中にある普通の書店でも多く取り扱っていました。
ちなみに売店はこのような感じです。
esp1-4.jpg



まず、最初に購入したもの。
kaigai1-2_20150218025954cc7.jpg
Amazonの該当ページ

『LONE WOLF』
JODI PICOULT(著)
ペーパーバック版出版社:Hodder & Stoughton(イギリスの出版社)
発行日:21 Nov. 2013
言語:英語
メディア形態:印刷(ペーパーバック)
大きさ:13 x 3.1 x 19.7 cm
価格:£6.99


この作品はAtria Books(アメリカの出版社)が初出で、ニューヨークタイムズのベストセラーリストにも載ったそうです。
だから色んな国で色んな形態で発行されているのでしょうね。
著者のJODI PICOULTさんは『私の中のあなた(原題:My Sister's Keeper)』の作者として有名な方だと思います。

『私の中のあなた』は映画化されたり、日本語にも翻訳されて出版されています。
キャメロン・ディアスと、子役(だった頃)のアビゲイル・ブレスリンが出てる映画です。
この映画はすごく流行ってたので私も見ました。


jodi1-1.jpg
キレイな表紙だな〜とは思うんですけど、それはそれとして、
『JODI PICOULT』が著者名で、『LONE WOLF』が作品名だということに驚きました。
書籍の表紙の文字サイズは、作品名>著者名だと長年の習慣で思っていたので。
読めば人物名か作品名かくらいわかるでしょ?って感じかもしれないけど、自分は本当に英語できないので、しばらく「JODI PICOULTっていう本か〜。へ〜。」って思っていました。本当に。
じゃあ海外の書籍のレイアウトは著者名>作品名が主流なのか、というと必ずしもそうではないから余計に「何で?」って思います。
○○(作者)による■■(作品)っていう意識が強いのか、あまりにも人気作家だからかとか、色々想像はしているのですが、ぶっちゃけ今でも「何で?」って思ってるので、詳しい方いたら教えてください!!
これを見て、村上春樹とかタイトルより作家名大きくした方が売れそうとか思ったり。

kaigai1-3_201502180358349d9.jpg
奥付によると、ハードカバー版も同時期に発行されているようですが、
私が購入したのはソフトカバー(並製本)でカバーはなく、
いわゆるペーパーバックといわれるものです。
本文は藁半紙です。藁半紙なので厚みはありますが、とても軽いです。
(黄味があるので本文の紙としてはちょっと主張が強いように感じますが、多分読んでると慣れる思う。)

ペーパーバックと聞いて、私が一番に思い浮かべるのはコンビニに売ってる漫画です。
コンビニコミックとか廉価版コミックスと呼ばれているそうです。
(詳しくはWikipedia参照。)
コンビニコミックには「なんか安っぽくてダサい」というイメージを持っていました。
ダサいと言うか、ごちゃごちゃしてる印象があります。
帯が無く、煽りやあらすじが表紙にレイアウトされているので、通常の文庫本やコミックスより表紙の情報量が多いです。

左がコンビニコミック版『ハチミツとクローバーvol.1』
右がコミックス版『ハチミツとクローバー(1)』です。どうでしょう。

コンビニコミックは元々「コンビニで弁当と飲み物と一緒に買っても1000円に収まる価格帯」という設定で1999年7月から始まったそうです。
電子書籍が普及し始めて、いつでも手軽に書籍が購入できるようになったり、単行本を扱うコンビニが増えたりして、コンビニコミックへの需要は変化しているのではないかと思いますが、
この最初の設定は人間味を感じて好きです。
コンビニコミックは「安っぽい」じゃなくて実際に安いので、価格帯に適したデザインだと思っています。
コンビニで取り扱ってる書籍の変遷とか調べたら面白そうだな。

上記のような潜在意識があるので、この『LONE WOLF』を見た時
「え〜ペーパーバックなに全然ダサくないじゃん!」って驚きました。
この書籍には4C+エンボス加工が施されています。
kaigai1-4_201502180427522a1.jpg
ペーパーバックの書籍にエンボス加工!?安くしたいのかそうじゃないのかわからない!
6.99£なので、1300円くらいですかね。私は空港で買ったので11.70€(1500円くらい)で買いました。
ハードカバーが£18.14(3300円くらい)なので、それと比べたら断然安いですね。
日本人の感覚だと文庫本に1000円以上するのは高い気がしますが、
英国で中村春菊先生の『純情ロマンチカ(英語版)』を買おうとしたら£7.01なので、そこは物価の違いですね。

ペーパーバックの書籍が想像以上にあふれていました。
というか、日本が特別カバー有り製本が多いのかも。
製造流通の関係でたまたまどちらかのスタイルが定着したのか、好みなのかわかりませんが。
日本ではどんなに薄い文庫本でもカバーがあるのが当たり前で、それはそれで不思議なことなのかも。

コミックスも、ソフトカバー(並製本)+カバーが主流です。
なので、ペーパーバックのような製本が、表現として魅力的に見えたりします。
以前紹介した、雨隠ギド先生の『犬とツバメ』も並製本のカバー無しです。
見慣れていない私には、珍しくて特別なものに見えました。
手軽で安価という以上に、ペーパーバックの印刷表現は奥深いみたいです。



以下、同じように空港の売店で買った本を紹介します。
どちらもペーパーバックの書籍で、レイアウトなど、最初に紹介した『LONE WOLF』と似ている部分が多いのでその辺は省略します。

john1-1.jpg
(Amazonの該当ページ)

『the associate』
john grisham(著)
出版社:Arrow Books
発行日:5 Nov. 2009
言語:英語
メディア形態:印刷(ペーパーバック)
大きさ:12.9 x 3 x 19.8 cm
価格:£5.99


この作品はザック・エフロン主演で映画化する予定らしいです。
日本でも上映されたらいいな〜。
著者のjohn grishamさんはリーガル・サスペンスを得意とする作家さんだそうです。
『評決のとき』や『依頼人』など映画化して日本でも公開されたものもあるみたいなので、観たいなと思っています。

4C+箔押し(銀)+エンボスだと思います。あと+マットニスのような部分があります。
どうして表紙にスパイダーマンみたいな人がいるのかは、読んでないのでわかりません。



pdjames1-1.jpg
(Amazon該当ページ)

『Death Comes to Pemberley』
P.D. JAMES(著)
出版社:Faber & Faber
発行日:1 juillet 2012
言語:英語
メディア形態:印刷(ペーパーバック)
大きさ:19.6 x 12.6 x 2.4 cm
価格:£6.99


3色+マットPP+光沢ニス+エンボスだと思う。
表2に印刷があるのに表1にエンボス加工してるの珍しい気がする。
pdjames1-2.jpg



パパッと表紙だけ見て気に入ったものを選んで買ってきましたが、
結構どれもおもしろそう〜。やっぱり装丁買いには根拠はあるのかな。
いよいよ奥付訳すだけで気が狂いそうになる語学力なのが悲しいです。
でも、いつか読みたいな。いつか…。



これは空港で手に入れた新聞です。
sinbun1.jpg
結構しっかりした新聞に見えますが、これはフリーペーパーです。
もちろんちゃんと売ってる新聞もたくさんあります。
読めたら違いがわかるのだと思いますが、正直全然違いがわからない。
空港では、こういう無料で配布されている新聞もたくさんありました。



ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。
今回はちょっと地味目な記事になりましたが、
次からは面白い装丁の書籍などを紹介していきたいです。
装丁や書籍のデザインに興味がある方、引き続きよろしくお願いします。

あ、海外の書籍やブックデザインに興味がある方は、
今、印刷博物館で『世界のブックデザイン』という展示をやっているので、オススメです。
2月22日(日)までです。東京近郊にお住まいの方はぜひ!

ホーム

HomeNext ≫

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。